内田監督に警察の動きは…日大ワンマン理事長体制も窮地に

公開日: 更新日:

 はたして、捜査はどう進むのか。

 問題は警察がどこまでやるかだ。元検事の落合洋司弁護士は18日付の本紙で、「監督と選手が傷害の共謀共同正犯で逮捕される可能性がある」とし、暴力行為をためらっている選手を監督が脅して違反行為のタックルをさせたとなれば選手が懲役8月、監督が1年2~6月の判決になるとの見方を示している。

「逮捕を免れたとしても書類送検はあり得ます」と指摘するのは弁護士の篠原一廣氏だ。

「事件となれば、警察は監督とコーチに複数回の事情聴取を行うでしょう。彼らが指示している音声がなくても周囲の選手が会話を聞いていれば証拠になる。警察は選手を一人ずつ聴取して外堀を埋めていくはずです。注目は監督が試合直後、メディアに『あれくらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任』と語ったこと。自分が指示したことを認めたような発言です。宮川選手の証言が事実と認定されれば、3人が共謀共同正犯で書類送検され、内田監督が首謀者になると思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る