• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

生理用品に消費税は“性差別” NYの女性たちが州政府に訴え

 ニューヨークでは今、「生理用品にかけられた消費税(通称タンポン税)をなくせ」という訴訟が行われています。5人の女性たちがニューヨーク州政府を訴えたのです。

 本題に入る前に、まず日本とは違うアメリカの消費税の仕組みをお伝えしましょう。アメリカの消費税法は州ごとに定められ、税率もさまざま。ニューヨーク州の消費税は現在8.75%ですが、生活必需品とみなされる品目は免税対象となり、たとえば食料品や医薬品、110ドル以下の衣料品と靴などには消費税がかかりません。

 さて、女性たちの訴えの内容はこうです。コンドーム、増毛剤、フケ予防シャンプー、大人用おむつなどには消費税がかからないのに、女性だけが必要とするタンポンやナプキンなどの生理用品に課税されているのはおかしい。生理用品は女性の健康を守るための必需品であり、これに課税することは男女の性差別に当たる――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る