• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米朝会談で10億円ビジネス 報道1ブース65万円の法外使用料

 いよいよ、12日に開かれるトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会談。歴史的会談の開催地となるシンガポール国内はピリピリとした緊張感に包まれているのかと思いきや違った。首脳会談の報道陣をターゲットに、あの手この手の“特需ビジネス”が展開されているのだ。

 現地報道などによると、米朝首脳会談を取材する記者は2500人前後で、ホテル代、食費、交通費などを合わせると計1000万ドル(約11億円)以上の経済効果が期待されている。記者以外にも世界中から数千人規模の外交官が情報収集のために同国を訪れており、ホテル相場が急騰。冷蔵庫のない部屋でも1泊100ドル(約1万1000円)以上、チャイナタウンやインディアンタウンにあるカプセルホテルでも1泊60ドル(約6600円)以上にハネ上がっている。

 北朝鮮は先遣隊だけでも100人以上。当然、厳重警備が必要で、シンガポール政府が依頼した警備会社はウハウハだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る