金正恩がシークレットブーツ?米朝会談で“身長底上げ”疑惑

公開日: 更新日:

 金正恩委員長は“シークレットブーツ”を履いていた?

 12日、シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで開催された史上初の米朝首脳会談。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長のツーショットから、正恩が背を高く見せるために靴で身長を底上げしていたのではないかと疑惑が噴出している。

 公式発表では、トランプの身長は190センチ、正恩委員長は170センチ。しかし写真からは身長差は20センチもあるようには見えない。人間行動学の専門家ポール・ボロス氏も英ニュース専門局「スカイニュース」に「キムはトランプと身長差がつかないように、上げ底した靴を履いているようだった。北朝鮮はこの件に関して事前に慎重に検討したと思う」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る