晩餐用の食器に6400万円? 仏マクロン大統領に非難の声

公開日: 更新日:

 フランスのマクロン大統領が福祉予算の多さを批判しながら、大統領府(エリゼ宮)に公費で高額のディナー食器セットを購入して批判されている。

 食器はブリジット夫人がデザインを選び、国立製陶所に1200個発注された。購入価格は政府発表では5万ユーロ(約640万円)。しかし仏風刺雑誌「ル・カナール・アンシェネ」は、その10倍の50万ユーロ(約6400万円)と推計している。

 タイミングもまずかった。ツイッターで、マクロンが「福祉の状況を見てみろ。生活保護にばからしい額のお金をつぎ込んでいるのに、人々はそれでも貧しい。彼らは抜け出そうとしない」などと福祉に多額の予算が割かれていることに不満を漏らす動画が公開されたばかり。「福祉予算が多過ぎると批判しながら、税金で高級な皿を買ってるわけか」などと非難の声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る