• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

晩餐用の食器に6400万円? 仏マクロン大統領に非難の声

 フランスのマクロン大統領が福祉予算の多さを批判しながら、大統領府(エリゼ宮)に公費で高額のディナー食器セットを購入して批判されている。

 食器はブリジット夫人がデザインを選び、国立製陶所に1200個発注された。購入価格は政府発表では5万ユーロ(約640万円)。しかし仏風刺雑誌「ル・カナール・アンシェネ」は、その10倍の50万ユーロ(約6400万円)と推計している。

 タイミングもまずかった。ツイッターで、マクロンが「福祉の状況を見てみろ。生活保護にばからしい額のお金をつぎ込んでいるのに、人々はそれでも貧しい。彼らは抜け出そうとしない」などと福祉に多額の予算が割かれていることに不満を漏らす動画が公開されたばかり。「福祉予算が多過ぎると批判しながら、税金で高級な皿を買ってるわけか」などと非難の声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る