晩餐用の食器に6400万円? 仏マクロン大統領に非難の声

公開日:

 フランスのマクロン大統領が福祉予算の多さを批判しながら、大統領府(エリゼ宮)に公費で高額のディナー食器セットを購入して批判されている。

 食器はブリジット夫人がデザインを選び、国立製陶所に1200個発注された。購入価格は政府発表では5万ユーロ(約640万円)。しかし仏風刺雑誌「ル・カナール・アンシェネ」は、その10倍の50万ユーロ(約6400万円)と推計している。

 タイミングもまずかった。ツイッターで、マクロンが「福祉の状況を見てみろ。生活保護にばからしい額のお金をつぎ込んでいるのに、人々はそれでも貧しい。彼らは抜け出そうとしない」などと福祉に多額の予算が割かれていることに不満を漏らす動画が公開されたばかり。「福祉予算が多過ぎると批判しながら、税金で高級な皿を買ってるわけか」などと非難の声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る