オッズ2.5倍に…トランプ「ノーベル平和賞」確率高まる?

公開日: 更新日:

 本当に受賞してしまうのか。とりあえず「米朝会談」が決裂しなかったことで、トランプ大統領の「ノーベル平和賞」受賞に再び注目が集まっている。

 英大手ブックメーカーによる「ノーベル平和賞」の最新予想は、金正恩文在寅の2人がトップ。トランプは2位となっている。米朝会談後、トランプのオッズは早速、11倍から2・5倍に変化。受賞の確率が高まったということだ。現職の米大統領では、就任したばかりのオバマが受賞している。

 ノーベル賞は、世界最高クラスの権威を誇るが、過去には「がんの原因は寄生虫」学説など、とんでもないモノにも贈っている。

 ノーベル賞に詳しい歴史家のアスル・スペーン氏は、「(トランプ、正恩2人の合意が)朝鮮半島の非核化につながるのであれば、彼らに授与しないことは極めて困難になるだろう」としている。2018年のノーベル平和賞には330の個人と団体がノミネートされている。トランプは受賞するのか。国際政治経済学者の浜田和幸氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る