オッズ2.5倍に…トランプ「ノーベル平和賞」確率高まる?

公開日: 更新日:

 本当に受賞してしまうのか。とりあえず「米朝会談」が決裂しなかったことで、トランプ大統領の「ノーベル平和賞」受賞に再び注目が集まっている。

 英大手ブックメーカーによる「ノーベル平和賞」の最新予想は、金正恩と文在寅の2人がトップ。トランプは2位となっている。米朝会談後、トランプのオッズは早速、11倍から2・5倍に変化。受賞の確率が高まったということだ。現職の米大統領では、就任したばかりのオバマが受賞している。

 ノーベル賞は、世界最高クラスの権威を誇るが、過去には「がんの原因は寄生虫」学説など、とんでもないモノにも贈っている。

 ノーベル賞に詳しい歴史家のアスル・スペーン氏は、「(トランプ、正恩2人の合意が)朝鮮半島の非核化につながるのであれば、彼らに授与しないことは極めて困難になるだろう」としている。2018年のノーベル平和賞には330の個人と団体がノミネートされている。トランプは受賞するのか。国際政治経済学者の浜田和幸氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る