オッズ2.5倍に…トランプ「ノーベル平和賞」確率高まる?

公開日:

 本当に受賞してしまうのか。とりあえず「米朝会談」が決裂しなかったことで、トランプ大統領の「ノーベル平和賞」受賞に再び注目が集まっている。

 英大手ブックメーカーによる「ノーベル平和賞」の最新予想は、金正恩と文在寅の2人がトップ。トランプは2位となっている。米朝会談後、トランプのオッズは早速、11倍から2・5倍に変化。受賞の確率が高まったということだ。現職の米大統領では、就任したばかりのオバマが受賞している。

 ノーベル賞は、世界最高クラスの権威を誇るが、過去には「がんの原因は寄生虫」学説など、とんでもないモノにも贈っている。

 ノーベル賞に詳しい歴史家のアスル・スペーン氏は、「(トランプ、正恩2人の合意が)朝鮮半島の非核化につながるのであれば、彼らに授与しないことは極めて困難になるだろう」としている。2018年のノーベル平和賞には330の個人と団体がノミネートされている。トランプは受賞するのか。国際政治経済学者の浜田和幸氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る