• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一挙7人処刑の衝撃 オウム死刑執行で残された謎と今後<上>

これで死人に口なしだが、まだ山のように残された問題

 世界を震撼させた1995年3月の地下鉄サリン事件から23年。法務省はきのう(6日)、麻原彰晃(本名・松本智津夫)ら、オウム死刑囚7人の死刑を執行した。

 しかし、一気に7人も処刑するのは異例のことだ。しかも、NHKまで執行前から「死刑執行」を報道する異常ぶりだった。過去、どんな凶悪犯だって、見せ物のように死刑執行が事前に報じられることはなかった。

 いったい、なぜ、このタイミングだったのか。一連のオウム事件では、教団関係者192人が起訴され、13人の死刑が確定したが、いまだに解明されていないナゾが山のように残されている。

 当時、オウム事件には、広域暴力団や大物政治家、ロシアマフィア、巨大宗教団体が関わっているとウワサされたが、結局、真相は解明されなかった。「オウム帝国の正体」(新潮社)には、教団の資金力を目当てに近寄る魑魅魍魎の姿が詳細に描かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る