廊下をコツコツ…刑務官の靴音に怯える死刑囚の“最期の日”

公開日:

 刑務所とは違い、拘置所内の生活は比較的自由だ。基本的に新聞や雑誌も読めるし、絵を描いたり小説を書いてもいい。実際、私小説や手記を発表した者もいる。獄中結婚だって可能だ。

 死刑は基本的に午前中に行われる。朝7時の起床後、刑務官のコツコツという靴音が自分の独房前で止まれば、それは“最期の日”を意味する。そのため、死刑囚たちは足音に敏感だという。

「死刑日の事前の予告は一切ありません。靴音が止まれば、その後、遺書を書いたり、死刑囚によっては牧師や僧侶などの教誨師を呼ぶことも許されます。今回、7人同時に死刑執行が行われましたが、麻原元死刑囚の執行が最も早く終わりました。おそらく、麻原元死刑囚は教誨師を呼んだりしなかったため、単純に他の人より早く執行が済んだと考えられます」(高橋弁護士)

 平成の終わりに、平成の大事件も去っていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る