タイ贈賄 社員を“しっぽ切り”で大手メーカー起訴見送りか

公開日:

 これではとてもサラリーマンをやってられない。初の司法取引の導入事例となった、三菱日立パワーシステムズ(MHPS=横浜市)の贈賄疑惑。司法取引の結果、なんと会社は起訴を見送られ、幹部社員2人と役員1人だけ罰せられることになりそうなのだ。

 MHPSは、三菱重工業と日立製作所の火力発電事業部門が2014年2月に統合し、設立された会社である。贈賄疑惑のあらましは、統合前の13年、三菱重工業がタイの発電事業者から発電所建設事業を受注し、現地の公務員の要求に応じて、数千万円を支払ったというもの。東京地検特捜部はきのう(17日)、タイ当局に捜査共助を要請し、関連証拠の提供を受けたとみられる。

 今回、MHPSは自社社員の不正を認めて捜査に協力する代わりに、外国人公務員に対し賄賂を贈った不正競争防止法(外国公務員への贈賄)について、法人としての起訴を免れる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る