列車飛び込みをネットで公開…「自殺動画」は新たな遺書か

公開日:

 先月28日、札幌市内のJR函館線苗穂駅で特急列車に飛び込んで死亡した男女2人が、自殺の様子を動画で撮影し、インターネット上で公開していたとみられることが分かった。スマホを固定し、撮影した可能性があるという。

 同月上旬にも、奈良県大和郡山市の近鉄郡山駅で、女子高生が特急電車にはねられる瞬間の動画がYouTubeなどで拡散している。衝撃的な映像はネット上で物議をかもした。これらの動画を自分の意思で撮っていたのなら、それはなぜなのか。

「自殺は、自分で死んだことを第三者から確かめられなければ、自殺と認められなかったりします。そのため、確たる証拠を残したいという心理が働くのではないか」

 こう分析するのは、明大講師の関修氏(心理学)である。そもそも自殺はひとりで行うものだ。ほう助する“共犯者”は別として、だれかがそばにいれば、引き留められるだろう。だとすれば、目撃者はいないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る