6人が自殺とどまる 英女子大生“橋のメッセージ”が励ましに

公開日:

 ちょっとした励ましの言葉が、全てに絶望して命を断とうとする人を思いとどまらせることは少なくない。それを如実に示すニュースが英国で話題だ。

 英北東部サンダーランドを流れるリバー・ウェアに架かるウェアマウス橋。飛び降り自殺をする人が多いことを知ったイースト・ダラム大学の女子学生、ペイジ・ハンターさん(18)が、「励まし」と「緊急相談連絡先」を書いたメッセージを40枚ほど橋の欄干に取り付けた。その結果、これまでに6人の人が飛び降り自殺を思いとどまったという。

 地元ノーザンブリア市警は22日、ハンターさんの活動を表彰し、同橋で記念の盾を贈った。

 英BBCニュース(22日付電子版)などによると、ハンターさんのメッセージには、「状況は困難でもあなたの命は大切です」「あなたは1人じゃありません」「あなたは暗い世界で輝く星なんですよ。とにかく頑張って」などと書かれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る