6人が自殺とどまる 英女子大生“橋のメッセージ”が励ましに

公開日:

 ちょっとした励ましの言葉が、全てに絶望して命を断とうとする人を思いとどまらせることは少なくない。それを如実に示すニュースが英国で話題だ。

 英北東部サンダーランドを流れるリバー・ウェアに架かるウェアマウス橋。飛び降り自殺をする人が多いことを知ったイースト・ダラム大学の女子学生、ペイジ・ハンターさん(18)が、「励まし」と「緊急相談連絡先」を書いたメッセージを40枚ほど橋の欄干に取り付けた。その結果、これまでに6人の人が飛び降り自殺を思いとどまったという。

 地元ノーザンブリア市警は22日、ハンターさんの活動を表彰し、同橋で記念の盾を贈った。

 英BBCニュース(22日付電子版)などによると、ハンターさんのメッセージには、「状況は困難でもあなたの命は大切です」「あなたは1人じゃありません」「あなたは暗い世界で輝く星なんですよ。とにかく頑張って」などと書かれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る