• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6人が自殺とどまる 英女子大生“橋のメッセージ”が励ましに

 ちょっとした励ましの言葉が、全てに絶望して命を断とうとする人を思いとどまらせることは少なくない。それを如実に示すニュースが英国で話題だ。

 英北東部サンダーランドを流れるリバー・ウェアに架かるウェアマウス橋。飛び降り自殺をする人が多いことを知ったイースト・ダラム大学の女子学生、ペイジ・ハンターさん(18)が、「励まし」と「緊急相談連絡先」を書いたメッセージを40枚ほど橋の欄干に取り付けた。その結果、これまでに6人の人が飛び降り自殺を思いとどまったという。

 地元ノーザンブリア市警は22日、ハンターさんの活動を表彰し、同橋で記念の盾を贈った。

 英BBCニュース(22日付電子版)などによると、ハンターさんのメッセージには、「状況は困難でもあなたの命は大切です」「あなたは1人じゃありません」「あなたは暗い世界で輝く星なんですよ。とにかく頑張って」などと書かれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る