父が救済? 身売り先決定? 「大塚家具」謎のストップ株高

公開日:

 13日、大塚家具の株価が妙な動きを見せた。好材料はひとつもなかったのに、後場(午後)に入って突然、急騰したのだ。

 経営不振が伝わる大塚家具は、このところ株安に見舞われている。きのうも午前中は年初来安値を更新する256円まで下落。ここまでは想定内の値動きだったが、後場に一変する。

「買い気配が続き、12時47分に約19万株の売買が成立しました。取引価格は312円なので、約6000万円が動いたことになります。個人なのか、機関投資家なのかは分かりませんが、何らかの情報をつかみ『買い』に向かった可能性はあるでしょう」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 13時直前にはストップ高となる340円まで急騰。終値は前日比73円高(プラス28%)の333円だった。

 大塚家具は自力再建が困難といわれるほど業績が悪化している。大株主だった米投資ファンド(6.41%保有)は8月中旬に全株売却、日本生命も保有株の一部を手放した。年初(1月4日)に842円(終値)あった株価は半値以下に沈んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る