森山高至
著者のコラム一覧
森山高至建築エコノミスト

1級建築士。1965年生まれ。岡山県井原市出身。岡山県立井原高から早大理工学部建築学科に進学し、88年に卒業。斎藤裕建築研究所を経て、91年に株式会社アルス・ノヴァを設立し、代表に就任。04年に早大政治経済学部大学院経済学修士課程を修了した。建築家として関わった物件は1000件以上。長崎県の大村市協定強建替え基本計画策定など、公共建設物のコンサルティングに携わるほか、マンガの原作などの仕事も手掛ける。主な著書に「非常識な建築業界 『どや建築』という病」がある。

名店が次々閉店…市場移転に和洋中の料理人から悲鳴続出

公開日: 更新日:

 築地市場の移転は市場業者だけでなく、食材を仕入れる首都圏の飲食店にも大きな暗い影を落としています。移転に伴い廃業を決めた仲卸業者さんには、それぞれお得意さんとして多くの料亭、割烹、レストラン、居酒屋があり、1軒の廃業の影響は数十軒の飲食店にも及びます。

 それらの飲食店主の声はこれまでチマタに上がってきませんでしたが、突然の閉店でそれを知ることになり、寂しい思いの常連客も多いことでしょう。名店が廃業してしまってから築地市場の価値に気付いても遅いのです。

 東京・湯島で新鮮な魚介を味わえる和風居酒屋「ふくろう亭」店主の杉見航さんは、「(豊洲移転で)アクセスと買い回りで1時間はロスする」と頭を抱える。ただでさえ多忙な朝の睡眠時間を削るしかないそうで、豊洲は諦め、別の市場を利用するか迷っています。「遅い時間に市場に行って掘り出し物を探すのが楽しみだったのに」と寂しそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る