“孤独死保険”とは? 大家さんは知っておきたい人気の理由

公開日:

 賃貸住宅に一人で暮らす高齢者の孤独死が増加する中、入居者が亡くなった後、大家が原状を回復する費用を補償する「孤独死保険」の販売が大手損保に拡大している。

 損害保険ジャパン日本興亜は、8月1日から個人用住宅向けの火災保険に、事故対応等家主費用特約として「孤独死保険」を新設、火災保険とのセットで発売を開始。わずか1カ月で数百件の契約を受けた。同社は孤独死保険として、すでに2015年9月に「賃借人事故対応費用保険」として単独で発売していたが、これまで1万件以上の契約をしている。

「事故対応等家主費用特約は、賃貸人事故対策保険にオーナーさんが被る家賃収入の損失や清掃費用、遺品整理費用などを補償する孤独死に対応した保険です。孤独死の増加や消費税増税、相続税対策などで賃貸住宅の建設が増えた影響で引き合いは予想以上です」(損保ジャパン日本興亜広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る