孫崎享
著者のコラム一覧
孫崎享外交評論家

1943年、旧満州生まれ。東大法学部在学中に外務公務員上級職甲種試験(外交官採用試験)に合格。66年外務省入省。英国や米国、ソ連、イラク勤務などを経て、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大教授を歴任。93年、「日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか」で山本七平賞を受賞。「日米同盟の正体」「戦後史の正体」「小説外務省―尖閣問題の正体」など著書多数。

中国に貿易戦争を仕掛けるトランプ政権の“政治的思惑”

公開日: 更新日:

 米国のトランプ政権が中国に対し、2000億ドル相当の輸入品に10%の関税を上乗せする制裁措置を発動した。

 すでに2回に分けて制裁関税を実施しているが、中国が不公正な貿易慣行を改めようとしないため、第3弾の制裁措置として関税を適用する輸入品の規模を大幅に拡大したのだ。この結果、昨年の中国による物の対米輸出額のほぼ半分が追加関税の対象となった。

 関税上乗せ合戦は米国に優位に展開するとみられる。

 米国は中国の対米輸出約5000億ドルに対し、第1弾で340億ドル、第2弾で160億ドルの制裁関税を実施し、今回を含めると、残りは2500億ドル。これに対し、米国の対中輸出は約1500億ドルで、報復関税の第1弾が340億ドル、第2弾が160億ドル、第3弾(予定)が600億ドル。つまり、残り400億ドルである。もはや、関税合戦に関する限り中国の「弾」は切れたと言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る