M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

公開日:

 RIZAP(ライザップ)グループが大荒れだ。14日に2019年3月期の業績を下方修正。営業利益は当初予想の230億円の黒字から33億円の赤字、最終利益は159億円の黒字から70億円の赤字に転落するとした。

 さらに今後は新規のM&Aを凍結し、不採算部門からの撤退を表明。ライザップといえば、「結果にコミット」のテレビCMで知られるフィットネス事業が有名だが、実は投資会社の顔を持つ。

「ライザップはM&Aを繰り返し、今では連結子会社が80社以上に達し、買収した上場企業は9社に上ります。ライザップが目をつける企業は業績の悪いところばかりです。安く買い叩いて、その後、業績を回復させる手法ですが、これがうまく機能しなかった」(市場関係者)

 13年にインテリア雑貨などを手掛けるイデアインターナショナルを買収、14年には北海道でボウリング場などを運営するSDエンターテイメントを傘下に収めた。その後も、カジュアルウエアのジーンズメイト、ゲームソフトのワンダーコーポレーションなど次々と上場企業を手に入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る