政府封鎖「何年でも」トランプは壁建設へ非常事態宣言検討

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設に向け、非常事態の宣言を検討していることを明らかにした。

 4日、ホワイトハウスで行った記者会見で「非常事態を宣言し、極めて速やかに(壁を)建設することもできる。それもひとつのやり方だ」と発言。民主党が下院で多数派を握り、壁建設費を盛り込む予算編成が望み薄となる中、大統領権限を駆使して実現を目指す姿勢を示した。

 米メディアによると、トランプは非常事態宣言後、国防総省などの予算の一部を壁建設費に転用することを検討しているという。

 一方、トランプは民主党のシューマー上院院内総務に対し、政府再開に必要な予算案に壁建設費を盛り込まなければ、「極めて長期間、何カ月でも何年でも政府を閉鎖してやる」と通告したことも明らかにした。3日に開会した「ねじれ議会」で民主党に圧力をかけ、壁建設費の予算計上を認めさせる狙いとみられる。

 政府閉鎖は14日目となり、約80万人の連邦政府職員が自宅待機や無給状態での勤務を余儀なくされるなどしているが、事態打開の見通しは立っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る