セクハラ告発止まず…バイデン前副大統領ツイッターで釈明

公開日: 更新日:

 2020年の米大統領選への出馬に意欲を見せている民主党のバイデン前副大統領(76)へのセクハラ告発が相次ぎ、ついに釈明する事態に追い込まれた。

 バイデン氏は3日、ツイッターに自らの動画を投稿し、「女性への接し方にもっと配慮する」などと語った。

 最近では、民主党のネバダ州のルーシー・フローレス元議員が、数年前の選挙集会でバイデン氏から後頭部にキスされたと告発。コネティカット州の女性も「私の顔を引き寄せて、鼻と鼻をこすり合わせた」と訴えた。バイデン氏は「公職人生で不適切な行動は一度もないと確信する」との声明を出していた。

“打倒トランプ”を狙う民主党の最有力候補だけに、そのセクハラ疑惑が選挙戦に与える影響に関心が集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

もっと見る