金正恩の次なる一手は…4.11ミサイル発射か大統領制移行か

公開日: 更新日:

 物別れに終わった米朝首脳会談以降、不穏な動きを続ける北朝鮮がキナ臭さを増している。

 米朝会談で条件付き廃棄を提案していた東倉里のミサイル施設の復旧工事を完了。韓国政府当局者によれば、「最高指導部が決心すればいつでも発射できる状態を維持中」だという。今月11日に開かれる最高人民会議(国会)が焦点になりそうだ。

 2017年11月末以降、中断している北朝鮮のミサイル再発射の信憑性が高まっているのは、米軍の動向も影響している。インド洋のディエゴガルシア米軍基地に配備されている弾道ミサイル観測能力を持つコブラボール(電子偵察機RC135S)が先月30日、嘉手納基地に移動。ミサイルを連発した17年当時は嘉手納に常時配備されていたという。

「最高人民会議と同日にワシントンで米韓首脳会談がセットされています。北朝鮮がミサイル発射を強行すれば、たとえ人工衛星の発射と強弁しても、米韓とも態度を硬化せざるを得ない。〈金正恩委員長のことが好き〉で、追加制裁の撤回を命じたトランプ大統領でも見逃せないでしょう」(韓国メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る