米朝破談でミサイル発射兆候 金正恩が敷くトランプ包囲網

公開日: 更新日:

 物別れに終わった米朝首脳会談以降、北朝鮮が不穏な動きをみせている。北西部にある東倉里のミサイル発射場「西海衛星発射場」で復旧作業を始めたというのだ。トランプ大統領は「事実であればとても金委員長に失望する」と警告したが、動きはやむ気配がない。金正恩朝鮮労働党委員長は今年の新年の辞で、米国が制裁を継続するなら「新たな道を模索せざるを得なくなるかもしれない」と牽制していた。瀬戸際外交の復活なのか。

 ミサイル発射場復旧を指摘したのは米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」と、シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)で、CSISは制裁解除を拒まれた北朝鮮が「決意を示そうとしているかもしれない」とした。平壌郊外の山陰洞のミサイル工場でも運送車両などの動きが活発化しているとの分析もある。

 金正恩委員長は昨年9月の南北首脳会談で、東倉里のミサイル発射台などを関係国専門家の立ち会いのもと廃棄すると約束。2回目の米朝会談初日にも核・ミサイル実験凍結を改めて表明したが、前言撤回の過去がある。2012年4月に「人工衛星打ち上げ」と称して東倉里でミサイル発射実験を強行。米側と長距離弾道ミサイル発射凍結で合意した2カ月後だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る