統一選で“独り勝ち” 菅官房長官「ポスト安倍」に色気アリ

公開日: 更新日:

 自民党二階俊博幹事長が月刊誌(文藝春秋5月号)で「ポスト安倍」の有力候補に菅義偉官房長官の名前を挙げた。8日の記者会見でこれについて聞かれた菅氏は、苦笑いを浮かべ「全く考えていない」と答えたが、誰も額面通りには受け取っていない。

 7日の統一地方選前半戦の結果、安倍政権内の力学に変化が生じた。

 麻生太郎副総理は地元の福岡県知事選で支援した候補が大惨敗。二階幹事長は3度も大阪入りしたのに、推薦した知事・市長候補とも大阪維新の会に敗北したうえ、地元・和歌山県議選では自民現職が共産新人に敗れる失態もあった。「竹下・青木王国」と呼ばれる島根県の知事選では、竹下亘前総務会長が支援した候補が敗退。昨年の総裁選で竹下派を後ろ盾にした石破茂元幹事長にも痛い敗北である。

 そんな中、独り勝ちと言っていいのが菅氏だ。パイプを維持してきた維新の松井一郎代表は快勝。福岡県知事選でも勝利した現職を推していた。北海道知事選では、菅氏が擁立したとされる前夕張市長が当選した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  9. 9

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る