井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

ゴーンに媚びて「甘い汁」を吸った“チルドレン”幹部たち

公開日: 更新日:

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏がやってきた「悪事」をうすうす知っていながら見逃してきた日産の取締役会は機能していなかったというか、コーポレートガバナンスが腐り切っていたと、連載2回目の最後で述べた。

 ゴーン氏に媚びて「甘い汁」を吸った人たちもいるのである。日産の元役員が打ち明けた。

「ゴーンに付与されたストックオプションに所得税がかかっていたが、こんなに高い税金は払わないと言って、一時期まで会社に所得税分を補填させていた。他の役員も同じ対応だったので、おいしい思いをしているわけです」

 ゴーン氏の来日前まで、日本ではストックオプションは譲渡扱いされていて、税率が所得税より低かったが、税制変更で累進課税されるようになった。それをゴーン氏が激怒して所得税分を会社が補填することになったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る