井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

情緒に訴えるも…ゴーン「動画メッセージ」は天に唾だった

公開日: 更新日:

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏の事件に関して、9日も世間を騒がす出来事があった。4度目の再逮捕前に録画されたゴーン氏が事件について語る映像を、弘中惇一郎弁護士が公開したのだ。

 当初は、ゴーン氏は実名を挙げて批判を展開するとの情報も流れたが、いざ蓋を開けると、実名は伏せられていた。映像の原本では実名が語られていたが、弁護団が編集、カットしたという。専門家の中には、名誉毀損で逆に訴えられるリスクがあったからではないか、とみる向きもある。

■業績低迷の西川社長を批判

 まず、筆者が注目したのは、ゴーン氏が発した次の言葉だった。

「この2年間で3回の業績修正があり、何度も不祥事がありました。会社が多くの難題に直面していることが問題ではありません。起きた問題への対処の仕方が会社の信頼を損なっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る