安倍首相がトランプに献上する4000億円の「農産品市場」

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領から押し込まれた日米貿易交渉が15日から本格的に始まるが、案の定、雲行きは相当に怪しい。トランプがヤリ玉に挙げる自動車分野は先送りにされる一方、農産品は狙い撃ちだ。今月下旬の日米首脳会談での妥結に向けて米国は鼻息が荒い。日本の農家にとって巨額の市場開放は大きな打撃になるが、安倍首相は二つ返事でOKしかねない。

 ◇  ◇  ◇

 茂木経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が、15~16日にワシントンで会談予定。米国では対日圧力が日増しに強まっている。「全米豚肉生産者協議会」のジョルダーノ副会長は11日、NHKの取材に「すでに日本での売り上げが減っている。非常にがっかりしている」「他の国と同じか、それよりもよい条件で輸出したい」と露骨な不満を口にした。

 背景にあるのは昨年末のTPP、今年2月の日欧EPAの発効だ。参加国からの輸入関税が引き下がり、米国の農産品は日本市場からはじき出されている格好なのだ。財務省の貿易統計の2月輸入実績(数量)によると、米国産豚肉は前年同月比14%も減らしたが、EUは54%、カナダやメキシコは2割近くも増加。牛肉も米国産が17%増なのに対し、カナダは3倍超、ニュージーランドは6割増だった。米国の“独り負け”なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る