菅長官の大誤算…ドコモ通信量4割値下げはメリット不透明

公開日: 更新日:

 NTTドコモが15日、6月からの新料金プランを発表した。

 新料金プランの最大の特徴は、携帯電話の「端末代金」と「通信料」を分離したことだ。分離を義務化する安倍政権の方針を受け、セット販売を中止した。一定の条件を満たせば、通信料金は最大4割下がる。

 通信料金が下がることになったのは、菅義偉官房長官がしつこく求めてきたからだ。「国際的にみて割高だ」「4割下げる余地がある」と、せっついてきた。ところが今回、「政府として個別企業の経営方針についてはコメントを差し控えたい」と、そっけなくコメントしている。要望が実現したのに、一体どうしたのか、と臆測が飛んでいる。

「恐らく誤算だったのでしょう。政府が義務化する“端末代金”と“通信料”を分離する新プランが、利用者にとってメリットがあるのかどうか分からないからです。これまでは、毎月の通信料が割高になる代わりに、高額なスマホを割安で手に入れられた。ドコモなどの通信会社は、通信料を高くする代わりに端末を安く売っていた。でもこれからは、アイフォーンの最新機種を手に入れるには10万円以上、必要になるでしょう。しかも、すべての利用者の通信料が4割下がるわけではない。いざ新プランがスタートしたら、通信料の値下がりよりもスマホ代の高騰の方が話題になり、利用者から『誰が新プランを考えたのだ』『以前の方が良かった』と批判が噴出しておかしくない。菅長官は、利用者がどんな反応を見せるのか不安なのだと思います」(スマホに詳しいマネー評論家・新田ヒカル氏)

 新プランの評判が悪い場合、菅長官はさらに通信会社に圧力を加えるとみられている。

 しかし、政府が民間に口を出してうまくいくのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る