金正恩ご満悦 5カ月ぶり「新型誘導兵器」実験視察で米牽制

公開日: 更新日:

 北朝鮮は17日、金正恩委員長の立ち会いの下、「新型戦術誘導兵器」の発射実験を行った。

 国営メディアの朝鮮中央通信が18日、報じた。正恩は16日、軍航空部隊の訓練を現地指導したばかり。兵器実験視察は昨年11月以来、約5カ月ぶりだ。

 新型戦術誘導兵器がどのようなものなのか詳細は明らかにしていないが、特殊な飛行誘導方式を採用し「威力のある弾頭部」を装着した兵器で、実験では設計上の指標を完全に満たしたという。長距離弾道ミサイルではなく、新型短距離ミサイルの可能性がある。

 発射実験は国防科学院で行われ、正恩は結果に大いに満足し、「この武器の開発の完成は軍の戦闘力強化に非常に大きな意味を持つ」と語ったという。

 今年2月、2回目の米朝首脳会談が物別れに終わり、北朝鮮は非核化を巡って米国が一方的な要求をしていると不満を募らせている。軍事力強化の継続を誇示し、米国を牽制する狙いがあるものとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る