金正恩ご満悦 5カ月ぶり「新型誘導兵器」実験視察で米牽制

公開日: 更新日:

 北朝鮮は17日、金正恩委員長の立ち会いの下、「新型戦術誘導兵器」の発射実験を行った。

 国営メディアの朝鮮中央通信が18日、報じた。正恩は16日、軍航空部隊の訓練を現地指導したばかり。兵器実験視察は昨年11月以来、約5カ月ぶりだ。

 新型戦術誘導兵器がどのようなものなのか詳細は明らかにしていないが、特殊な飛行誘導方式を採用し「威力のある弾頭部」を装着した兵器で、実験では設計上の指標を完全に満たしたという。長距離弾道ミサイルではなく、新型短距離ミサイルの可能性がある。

 発射実験は国防科学院で行われ、正恩は結果に大いに満足し、「この武器の開発の完成は軍の戦闘力強化に非常に大きな意味を持つ」と語ったという。

 今年2月、2回目の米朝首脳会談が物別れに終わり、北朝鮮は非核化を巡って米国が一方的な要求をしていると不満を募らせている。軍事力強化の継続を誇示し、米国を牽制する狙いがあるものとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る