近藤学
著者のコラム一覧
近藤学早大理工総研招聘研究員

1961年生まれ。さくら総研主任研究員、衆議院議員政策秘書、民進党選挙対策部長などを歴任。

滞る国会内の新陳代謝 普通の人が挑戦しにくい仕組み

公開日: 更新日:

 投票に行かない有権者は、なぜ増えたのだろうか?

 政府系公益財団法人の調査によれば、衆院選で実際に棄権した人たちにその理由を尋ねると、「適当な候補者も政党もなかった」という回答の高止まりが目立つ。つまり、託したい政治家や政党がないから投票しなかったということだ。

 その結果、国会内の新陳代謝が滞っている。衆院選小選挙区の勝者が、次の選挙でも小選挙区で勝ち上がる比率を調べてみた。すると、2012年の小選挙区勝者の87%が、14年の選挙でも小選挙区で勝っている。17年では81%だ(表)。

 比例復活も含めると、比率はそれぞれ95%と88%にまで上がる。新規参入が乏しく、衆院議員の顔ぶれはあまり変わらない。レストランに例えると、新メニューが全く出ない店みたいなものだ。有権者の足が遠のくのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る