リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪の開幕まであと1年あまりとなった。6月下旬には観戦チケットの抽選結果が発表されたが、「せっかくチケットが当たったのに会場近くのホテルがとれない」という悲鳴も聞こえてくる。

 抽選に外れた人を対象とした「敗者復活戦」や秋の二次抽選販売、さらに聖火ランナーの発表など五輪開幕に向けて、今後ますます盛り上がりそうで、五輪ビジネスにも脚光が集まり始めた。

「パナソニックは先週、東京五輪に絡む累計販売額が当初目標の約3割増となる2000億円を超えそうだと発表しました。市場では関連銘柄を探す動きが活発になっています」(市場関係者)

■リオ大会ではオカモト株が急騰

 オリンピックが近づくと、株価がグーンと上がる企業がある。

「選手村などで無料配布するコンドームのメーカーです。国内トップのオカモトは、2016年リオ大会のときに株価が急騰しました」(前出の市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    ハンバーガーを求めて大行列! 最大「14時間待ち」の仰天

  10. 10

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

もっと見る