東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

公開日: 更新日:

「そんなバカな話があるか」とお怒りなのは、元陸連専務理事(現顧問)の帖佐寛章氏だ。

 2020年東京五輪開幕(7月24日)まであと1年。メインスタジアムの新国立競技場は11月末の完成に向けて仕上げ段階に入っている。予定では12月中旬に竣工式、同月21日にアスリートらが出演するお披露目イベントが行われる。「こけら落とし」は、来年元日のサッカー天皇杯決勝だ。

 冒頭の帖佐氏が激怒しているのは、来年の「日本陸上競技選手権」は新国立ではなく、大阪のヤンマースタジアム長居(6月25日から4日間)で行われることだ。

 陸連の風間明事務局長は、「来年の日本選手権は新国立で6月末に開催したいと希望したのですが、(東京オリンピック・パラリンピック競技大会)組織委員会は『5月中旬以降は開会式の準備に入る』という。繰り返しお願いしたがどうしても無理だというので(新国立での開催は)断念せざるを得なかったのです」と説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る