米が有志連合参加を“強制”…防衛省は人員募集中で困惑必至

公開日: 更新日:

「参加しなければならない」――。米国のポンペオ国務長官が25日、日本のタンカーなどが攻撃された中東・ホルムズ海峡の安全確保のための有志連合について、日本などを名指しした上で参加を“強制”した。

 岩屋防衛相は自衛隊派遣について否定的な見解を示したが、ポンペオ発言で有志連合への参加は「マスト」になる。安倍政権は2015年、野党の反対を押し切って安保法を成立させた。当時、集団的自衛権行使による海外派兵の代表例として、ホルムズ海峡の機雷除去を示していたが、いよいよ自衛隊を派遣せざるを得ない状況になってきたのだ。軍事評論家の前田哲男氏が言う。

トランプ大統領と親密な関係にある安倍首相は『シンゾー、頼むぞ』と言われれば断れないのではないか。自衛隊を危険な現場に送らざるを得なくなる可能性は高いと思います。安保法成立以前であれば、憲法の趣旨に基づき『派遣できない』と主張することが可能でした。しかし、今は安保法が派遣の根拠法になり得てしまうでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る