N国の勢いに苦し紛れの警告文…NHKが怯える国民の意識変化

公開日: 更新日:

「立花氏は司法がNHKの取り立てを合法と認めるなら、次は国会で決着をつけようという意気込みで、みずから立法府に乗り込んだ。司法での解決を諦めて立法に懸けたことになります。彼が与野党から賛同を得て放送法を変えれば、スクランブル放送はがぜん真実味を帯びてくる。ここ数日の報道でそのことが世間にアピールされました。ハッキリ言って今、NHKはビビっています」

 これに加えて、N国の主張がニュースやワイドショーで取り上げられたため、今まで従順に受信料を払い続けてきた視聴者の間に「無理に払う必要はない」との意識が浸透する恐れもある。

「NHKは法律改正と視聴者の意識変化という2つのピンチに立たされたことになります。今後、同局はさらに政治家とのつながりを深めていくでしょう。東京の本局は言わずもがな、地方局員も地元選出の議員に接触するはず。放送でこれまで以上に『みなさまのNHK』をアピールするのは間違いありません」(横山北斗氏)

「NHKvsN国」の仁義なき戦いの結末はいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る