急進派躍進の余波…経済を人質に香港から自由がなくなる

公開日:  更新日:

 香港立法会選挙(定数70、4日投開票)で反中国の非建制派が30議席を獲得し、重要法案を否決できる3分の1ラインを守った。親中派から議席を奪ったのは、雨傘運動の元リーダーらによる新政党「香港衆志」。彼らは「自決派」と呼ばれ、独立も選択肢とする「本土派」とともに中国の習近平国家主席が毛嫌いする急進勢力だ。対中関係にどう影響するのか。香港の動向をウオッチしてきたジャーナリストの武田信晃氏がリポートする。

  ◇  ◇  ◇

 香港社会にとっても驚きの結果だった。情勢調査では非建制派の苦戦が伝えられていたからだ。

「非建制派に1議席も与えたくない習近平政府は圧力をかけ、選管が〈香港は中国の一部〉などと定めた香港基本法を守る確認書への署名を候補者に迫って出馬のハードルを上げた。しかし、彼らの勢いをそぎ、中国との一体化を進める懸案の選挙制度改革を動かすもくろみは外れました」(香港メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る