• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急進派躍進の余波…経済を人質に香港から自由がなくなる

 香港立法会選挙(定数70、4日投開票)で反中国の非建制派が30議席を獲得し、重要法案を否決できる3分の1ラインを守った。親中派から議席を奪ったのは、雨傘運動の元リーダーらによる新政党「香港衆志」。彼らは「自決派」と呼ばれ、独立も選択肢とする「本土派」とともに中国の習近平国家主席が毛嫌いする急進勢力だ。対中関係にどう影響するのか。香港の動向をウオッチしてきたジャーナリストの武田信晃氏がリポートする。

  ◇  ◇  ◇

 香港社会にとっても驚きの結果だった。情勢調査では非建制派の苦戦が伝えられていたからだ。

「非建制派に1議席も与えたくない習近平政府は圧力をかけ、選管が〈香港は中国の一部〉などと定めた香港基本法を守る確認書への署名を候補者に迫って出馬のハードルを上げた。しかし、彼らの勢いをそぎ、中国との一体化を進める懸案の選挙制度改革を動かすもくろみは外れました」(香港メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る