• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急進派躍進の余波…経済を人質に香港から自由がなくなる

 香港立法会選挙(定数70、4日投開票)で反中国の非建制派が30議席を獲得し、重要法案を否決できる3分の1ラインを守った。親中派から議席を奪ったのは、雨傘運動の元リーダーらによる新政党「香港衆志」。彼らは「自決派」と呼ばれ、独立も選択肢とする「本土派」とともに中国の習近平国家主席が毛嫌いする急進勢力だ。対中関係にどう影響するのか。香港の動向をウオッチしてきたジャーナリストの武田信晃氏がリポートする。

  ◇  ◇  ◇

 香港社会にとっても驚きの結果だった。情勢調査では非建制派の苦戦が伝えられていたからだ。

「非建制派に1議席も与えたくない習近平政府は圧力をかけ、選管が〈香港は中国の一部〉などと定めた香港基本法を守る確認書への署名を候補者に迫って出馬のハードルを上げた。しかし、彼らの勢いをそぎ、中国との一体化を進める懸案の選挙制度改革を動かすもくろみは外れました」(香港メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る