なぜ大雨の「防災情報」は役に立たないのか 専門家が指摘

公開日: 更新日:

 今年もまた土砂災害に神経をとがらせなければならない季節を迎えている。断続的に激しい雨が降り続いた九州南部では、5段階の警戒レベルで「レベル4」に当たる避難指示が発令された地域もあった。

 この5段階の警戒レベルは、237人の死者・行方不明者を出した昨年7月の西日本豪雨を受けて新たに設けられたものだ。住民が取るべき行動を直感的に理解しやすくなるようにしたとされるが、防災システム研究所の所長で防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏は、「ひんぱんに変更されて、より複雑になっている」と指摘する。

「たとえば警戒レベル4には、避難勧告と避難指示が含まれます。レベル3は、高齢者などは避難ですが、そのほかの人が避難の準備をするとなっています。数字が示すのはひとつのことではないので、内容を覚えにくいのです。そもそも変更した仕組みが広く浸透するには数年が必要。その間に何度も変われば、制度は定着しません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る