豪雨や台風で注目も 大地震で「とにかく避難所へ」なぜNG

公開日:

 北海道地震発生から3週間が過ぎたが、厚真町や安平町では、今なお800人を超える人が避難所生活を余儀なくされているという。

 この夏は西日本豪雨もあって、避難所がクローズアップされ、万が一の事態を想定し、最寄りの避難所をチェックした人は少なくないだろう。

 しかし、被災直後は、避難所にはなるべく行かないのが基本だという。どういうことか。防災システム研究所の山村武彦所長が言う。

「公園などの広域避難場所は、津波や大火などのとき、一時的に様子を見る場所。学校の体育館などの避難所は、地震で家屋が倒壊したり、土砂に流されたりして、家に住むことができない人が一時的に避難生活をするところです。これらは地域防災計画でルールが決まっています。“大規模地震発生時はとにかく避難所へ”という考え方は誤っているのです。自宅が問題なければ、原則、避難所には行かないこと。東京都もそうアナウンスしています。自宅が安全なら、在宅避難生活が基本です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る