豪雨や台風で注目も 大地震で「とにかく避難所へ」なぜNG

公開日:

 北海道地震発生から3週間が過ぎたが、厚真町や安平町では、今なお800人を超える人が避難所生活を余儀なくされているという。

 この夏は西日本豪雨もあって、避難所がクローズアップされ、万が一の事態を想定し、最寄りの避難所をチェックした人は少なくないだろう。

 しかし、被災直後は、避難所にはなるべく行かないのが基本だという。どういうことか。防災システム研究所の山村武彦所長が言う。

「公園などの広域避難場所は、津波や大火などのとき、一時的に様子を見る場所。学校の体育館などの避難所は、地震で家屋が倒壊したり、土砂に流されたりして、家に住むことができない人が一時的に避難生活をするところです。これらは地域防災計画でルールが決まっています。“大規模地震発生時はとにかく避難所へ”という考え方は誤っているのです。自宅が問題なければ、原則、避難所には行かないこと。東京都もそうアナウンスしています。自宅が安全なら、在宅避難生活が基本です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る