寝ている間に…スマホの充電ケーブルでやけど・火災の危険

公開日: 更新日:

 先週、NHKで「化学やけど」に関する話題を放送していた。化学やけどとは、酸やアルカリ、金属塩、有機溶媒などが皮膚に触れてできるやけどを指す。が、NHKのそれは、“スマホの充電中に”と言っていた。いったい、どういうことか。

 夜間、枕元でスマホの充電ケーブルを使って朝まで充電をしているサラリーマンは多い。だが、内部に液体が入ったスマホの保護ケースを使っている人は要注意だという。寝ている間にその液体が漏れて皮膚に付着、化学やけどを負った事故が何件も報告されているからだ。皮膚が赤くただれ、まさにやけどのようになるというから厄介。

 詳細は、国民生活センターのホームページに詳しい。今年5月に注意喚起を促しているので目を通しておくといい。

 こうした保護ケースは若い女性が好んで使うモノなので、オジサン世代には無縁かと思ったら、大間違いだ。というのも、スマホの充電ケーブルでも、やけどや火災が発生しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る