北ミサイルを日本探知できず?GSOMIA破棄のツケが現実的に

公開日: 更新日:

 韓国が日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を通告したことについて、安倍シンパやネトウヨは「困るのは韓国自身」「自分で自分の首を絞めている」などと強がっていたが、どうやら慌てているのは日本も同じのようだ。

 北朝鮮が5月以降、繰り返している短距離の新型ミサイル発射に対し、日本政府が複数回、発射後の軌道を探知できていなかった――と共同通信が報じたのだ。

 共同が複数の(政府)関係者の話として報じたところによると、北が5~9月にかけて計10日間にわたって発射した新型ミサイルは、ほとんどが通常よりも低い高度60キロ以下で飛行。このため、日本海で警備にあたる海上自衛隊のイージス艦や航空自衛隊のレーダーで探知できないケースが複数回あり、その中には日本に届く可能性がある新型ミサイル「KN23」が含まれていたという。

 発射地点が近い韓国は探知に成功していたといい、GSOMIA破棄が日本の安全保障に影響を及ぼす可能性が現実味を帯びてきたと言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る