北朝鮮また弾道ミサイル発射 日米韓の連携を試す狙いか

公開日: 更新日:

 防衛省は24日午前7時前、北朝鮮が朝鮮半島東部から日本海に向けて弾道ミサイルを発射したとみられると発表した。

 日本の領域には飛来せず、排他的経済水域(EEZ)内にも落下しなかったとみられる。また、今年5月から繰り返されている、一連の短距離弾道ミサイルとは異なる軌道で発射された可能性があると指摘、分析を急いでいる。

 一方、韓国軍合同参謀本部によると、発射地点は東部の咸鏡南道・宣徳付近。飛翔体を2回発射した。韓国軍は「追加発射に備え、関連動向を追跡、監視している」と強調した。

 韓国政府は23日、日韓当局間で防衛機密のやりとりを可能にするGSOMIAの破棄を日本側に通告。北朝鮮の弾道ミサイル発射は、日米韓の情報共有に関する反応をうかがい、連携を試す狙いがあるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る