自衛隊の中東派遣に「反対」 憲法学者125人が声明を発表

公開日: 更新日:

 安倍政権が検討している自衛隊の中東派遣について、憲法学者が「NO」の声を上げた。

 政府は先月18日、シーレーン(海上交通路)を通る船舶の安全に関する情報収集のため、自衛隊の艦艇や哨戒機を中東に派遣する検討に入ると発表。その法的根拠を防衛省設置法の「調査・研究」とした。

 これについて1日、稲正樹・元国際基督教大教授ら憲法研究者有志が参院議員会館で会見し、「派遣は認められない」とする声明を発表。125人の研究者が賛同しているという。

 声明では、〈今回の自衛隊派遣は、自衛隊の海外派遣を日常化させたい日本政府が、アメリカからの有志連合への参加呼びかけを「渡りに船」で選択したもの〉とし、〈有志連合の形をとらなくても、実質的にはアメリカ軍など他国軍と事実上の共同活動は避けられない〉と懸念を示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る