長谷川学
著者のコラム一覧
長谷川学ジャーナリスト

1956年、兵庫県生まれ。早大教育学部卒。週刊誌記者を経てフリーに。近著に「成年後見制度の闇」(飛鳥新社刊・宮内康二氏との共著)がある。

現役世代の健康保険料率アップで財源確保 日医会長の暴論

公開日: 更新日:

 医師の高賃金を支えているのは、国民が支払う診療報酬である。

 政府は2年に1度、診療報酬を改定するが、過去に医師の賃金カットに手を付けたのは小泉純一郎政権当時の2度だけ。それ以外は、医師の賃金を引き上げる「“高給医師に追い銭”政策を一貫して取ってきた」(厚労省関係者)というのが実態である。「選挙の金と票で、お世話になっている日本医師会ともめるのは得策ではない」(自民党代議士)からだ。

 とはいえ、賃上げには財源が必要だが、周知の通りの財政難。そこで今、日医が財源確保策のひとつとして主張しているのが、現役世代の健康保険料率の引き上げだ。日医の横倉義武会長は記者会見などで繰り返し、こう主張している。

「すべての被用者健康保険の保険料率を、料率の高い協会けんぽ(中小企業の健保組合)の10%まで引き上げ、公平化することで約1兆円の増収が見込める」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る