「任侠山口組」から「絆會」へ名称変更したホントの理由

公開日: 更新日:

 指定暴力団「任侠山口組」が12日、組織の名称を「絆會」に変更し、同日付の通知文で傘下組織に通達した。これまで使用していた6代目山口組と神戸山口組と同じ「山菱」の代紋も変更する。

 2015年8月、「山口組」が分裂して「神戸山口組」を結成。さらに17年4月には神戸山口組の若頭代行を務めていた織田絆誠代表(53)ら一部勢力が同組から離脱し、任侠山口組を設立した。

 分裂から3年を迎えた18年8月には、任侠山口組が解散した上で6代目山口組が構成員を受け入れる動きが伝えられたが、結局、話は物別れに終わり、一緒になることはなかった。

■「特定抗争指定回避のため」ともっぱらだが…

 以降、表立った対立抗争は減ったが、昨年10月、6代目山口組の高山清司若頭(72)が出所すると、状況は一変。神戸山口組の古川恵一幹部(当時59)が自動小銃で射殺されるなど、抗争は一気に激しさを増した。これを受け、兵庫、愛知などの6府県の公安委員会は「6代目山口組」と「神戸山口組」を、両組織の活動を厳しく制限する「特定抗争指定暴力団」に指定し、7日に発効。任侠山口組の名称変更は、まさにその直後のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る