神戸山口組さらに劣勢に…次々浮上する引退・解散話の裏側

公開日: 更新日:

 兵庫、愛知など6府県の公安委員会に「特定抗争指定暴力団」に指定された指定暴力団「6代目山口組」と「神戸山口組」。対立抗争が相次いだことを受け、両組織の活動を厳しく制限する措置だ。これにより、既に劣勢に立たされた神戸山口組が一層、追い込まれる可能性が出てきた。

「特定抗争指定暴力団の指定をめぐり、大阪府公安委員会が先月23日に設けた意見聴取の場に、神戸山口組『黒誠会』の笹昭組長が出席したのには驚いた。それも神戸山口組の井上邦雄組長(71)の代理いうことやった。何もかもが初めていうことで、住んでる家が使われへんようになるんか不安やったようやが、両組織を通じて、出席者は初めてやったし、それが井上組長の指示いうんやから、何らかの思惑があったんやろ」(捜査事情通)

 昨年10月、6代目山口組の高山清司若頭(73)の出所以降、両組織の勢力図は大きく変化した。まず11月27日、神戸山口組の古川恵一幹部(59)が、兵庫県尼崎市内で6代目山口組弘道会系の元暴力団員に自動小銃で射殺された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る