神戸山口組さらに劣勢に…次々浮上する引退・解散話の裏側

公開日: 更新日:

 兵庫、愛知など6府県の公安委員会に「特定抗争指定暴力団」に指定された指定暴力団「6代目山口組」と「神戸山口組」。対立抗争が相次いだことを受け、両組織の活動を厳しく制限する措置だ。これにより、既に劣勢に立たされた神戸山口組が一層、追い込まれる可能性が出てきた。

「特定抗争指定暴力団の指定をめぐり、大阪府公安委員会が先月23日に設けた意見聴取の場に、神戸山口組『黒誠会』の笹昭組長が出席したのには驚いた。それも神戸山口組の井上邦雄組長(71)の代理いうことやった。何もかもが初めていうことで、住んでる家が使われへんようになるんか不安やったようやが、両組織を通じて、出席者は初めてやったし、それが井上組長の指示いうんやから、何らかの思惑があったんやろ」(捜査事情通)

 昨年10月、6代目山口組の高山清司若頭(73)の出所以降、両組織の勢力図は大きく変化した。まず11月27日、神戸山口組の古川恵一幹部(59)が、兵庫県尼崎市内で6代目山口組弘道会系の元暴力団員に自動小銃で射殺された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る