新型肺炎の感染拡大続く…カナダなど17カ国・地域に飛び火

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらない。カナダ・オンタリオ州の保健当局は27日(現地時間)、感染者を国内で初めて確認したと発表。感染者は50代男性で、妻と共に最近、中国・武漢に渡航後、トロントに戻っていた。妻も感染の疑いがあるとみて、検査を進めている。オンタリオ州はこのほか感染の可能性のある19人を検査中。大半は入院中で隔離されている。

 一方、スリランカ保健省高官は27日(現地時間)、ロイター通信に対し、国内で感染者が初めて確認されたと明らかにした。40代の中国人女性旅行者で、19日に入国して25日に発症したという。カンボジアでも1人が発症。震源地の中国を含む17カ国・地域に感染が広がっている。

 WHO(世界保健機関)は、26日付の日報で「(リスクが)中国は非常に高い、周辺地域は高い、世界的には中程度」とした評価を訂正。表記を誤ったとし、直近で危険性の判定を行った22日以降、一貫して「世界的にも高い」に変更した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る