新型肺炎で各大会中止…春季キャンプ&東京マラどうなる?

公開日: 更新日:

 いったいどこまで広がるのか。新型のコロナウイルスによる肺炎患者は増加の一途だ。ウイルス発生源の中国・湖北省武漢市の病院は連日パニック状態。中国ではすでに100人以上の患者が死亡しており、その数も正確かどうかは疑わしい。感染者も右肩上がりで増え続けている。

 28日には、中国・武漢市への渡航歴がない奈良県に住む日本人男性がウイルスに感染していることが確認された。日本国内でもマスクが飛ぶように売れている。

■中国はイベント禁止

 新型コロナウイルスの恐怖は、すでにスポーツ界をも直撃している。東京五輪関連では、女子サッカーのアジア最終予選(2月3~9日)B組の開催地が武漢から南京に変わったが、中国サッカー協会は感染拡大の現状を懸念し開催権を返上。シドニーに変更された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る