春節明け13億人Uターン「新型肺炎」感染拡大“第2波”の恐怖

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大で延長された中国の春節連休が2日、終わった。春節中、帰省や旅行であちこちに移動した約13億人がこぞってUターン。さらに、故郷へ戻っていた中国人も日本へ戻ってくる。それで懸念されるのが、春節明けの集団感染だ。

 ◇  ◇  ◇

 新型肺炎による中国本土の死者は361人、感染者は1万7205人(3日午前9時現在)。増加幅は日ごとに大きくなっている。フィリピンでは新型肺炎で男性(44)が死亡。中国以外での死者は初めてだ。WHO(世界保健機関)によると、感染者は27カ国・地域に広がり、全世界で1万4000人を超えた。

 山野美容芸術短大客員教授の中原英臣氏(感染症学)はこう言う。

「感染症は集団化によってリスクが高まります。春節明けに学校や企業が通常通りに動き、日常生活が始まり、何の手も打たなければ感染拡大に拍車をかけかねない。日本でインフルエンザ流行シーズンに学級閉鎖や学校閉鎖を実施し、感染拡大を抑え込もうとするのはそうした理屈です。中国でも企業に対し、休業延長を9日まで指示している自治体が大半のようですから、適切な判断だといえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る