“安倍首相の犠牲者”森法相「検察官逃げた」錯乱答弁を撤回

公開日: 更新日:

 森法相は11日の参院予算委員会で、9日の同委集中審議での黒川東京高検検事長の定年延長をめぐる答弁について「個人的見解だった」として撤回した。

 森法相は9日の質疑の中で「東日本大震災の時、検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していない中で最初に逃げた。身柄拘束をしている十数人を理由なく釈放して逃げた」と答弁。

 仮にこれが事実だったとしても、黒川検事長の定年延長問題とは全く無関係。与党内からも「野党の連日の厳しい追及を受け、錯乱したのでは?」と心配する声が上がる始末だ。

 森氏はもともと東北大出身の弁護士だけに、内心では安倍首相の恣意的な違法人事に疑問を抱いていたはず。ウグイス嬢疑惑で辞任した河井氏の後任となったがゆえに、意に反して尻拭いをさせられた“安倍首相の犠牲者”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る