自公議員2人にIR接待疑惑 米業者の招待でボクシング観戦か

公開日: 更新日:

「雨後のたけのこ」のように醜聞が出てくる。カジノ業者からのVIP待遇問題を週刊新潮にすっぱ抜かれた萩生田文科相だけでなく、カジノ業者の間では2人の与党議員の接待疑惑がささやかれている。自民党岩屋毅前防衛相と公明党遠山清彦財務副大臣だ。ナント、ボクシングの“世紀の一戦”にカジノ業者から招待され、観戦していたというのだ。

  ◇  ◇  ◇

 岩屋前防衛相と遠山財務副大臣をめぐる疑惑は、2015年5月にさかのぼる。当時は折しも、自民、維新、次世代(当時)の3党がIR推進法案を国会に再提出した直後のタイミング。事情を知る米国のカジノ関係者がこう明かす。

「米国のゲーミングビジネス界は日本へのIR進出を目指し、日本政界へさまざまな工作を行ってきました。特に積極的に働きかけた対象がIR議連の中心メンバーだったようです。その一例として、IRを運営する米MGMグループが、岩屋氏と遠山氏を5月2日にラスべガスで行われたボクシングマッチに招待したといわれているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る