4月に選挙控え支援者にマスク配布 千葉・茂原市長の言い分

公開日: 更新日:

 マスク不足が続き、いまだ貴重品となる中、千葉・茂原市の田中豊彦市長(67)が支援者にマスクを配っていたことが判明した。

 4月19日告示(投開票同26日)の市長選に向けた2月26日の市政報告会で、支援者たちに個別包装されたマスクとペットボトル入りのお茶を支給したという。本紙(日刊ゲンダイ)が入手した当日の動画では「強行突破、今日やらさせていただきました」とあいさつした後、市長は次のように続けた。

「皆さま方の持っている、私の封筒の中にはですね、マスクが入っておるはずです。そのマスクは、茂原発のマスクでございまして」「これは抗ウイルス性、ウイルスを入れないようなマスクになっておりまして、できれば、それを着けていただければ多分大丈夫だと思っておりますので。よろしくお願いしたいと申し上げます」

 そう話すと参加者が封筒を開けたためか、ガサガサと音が会場に広がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る