桜前夜祭答弁は完全破綻 今さら「飲み放題じゃなかった」

公開日: 更新日:

「私の事務所の記憶においては、飲み放題ではなかった」――。桜を見る会「前夜祭」の会費を巡る安倍首相の答弁がもはや完全破綻だ。4日の参院予算委。立憲民主の福山幹事長の質問によると、会費5000円から消費税、サービス料を除けば4210円。昨年4月の会場・ホテルニューオータニの飲み放題は最低でも2500円で、支払えば1710円しか残らない。

 800人が参加した「鶴の間」の使用料は通常450万円だ。会費の残金は800人×1710円=136万8000円。提供する料理の量を考慮して3分の1まで使用料を値引いても150万円で、会費では到底賄えないし、料理代は実質無料になる。この点を突かれると、安倍首相は冒頭のように言い放ったのだ。

 日刊ゲンダイを含めた複数のメディアに参加者は、「立食形式でアルコールは飲み放題だった」と証言。しかも安倍首相自身の「事務所はホテル側と事前に段取りの調整をした」「仲介役として契約内容の詳細を事前に、ホテル側とつめた」という従来の答弁とも矛盾する。飲み放題でなければ、参加者は飲んだ分を事後に精算する。つまり、事前に契約内容の詳細をつめるのは不可能ではないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る