岡崎市長選“5万円支給”に反応 民意は箱モノよりコロナ対策

公開日: 更新日:

 衝撃の圧勝だ――。18日投開票された愛知県岡崎市長選の結果に、政界関係者が驚いている。無所属で出馬した元衆院議員の中根康浩氏(58)が、3期目を目指し与野党が相乗りした現職の内田康宏氏(67)を大差で破り、初当選した。選挙の争点は「箱モノか、コロナ対策か」だった。

■無所属が4党相乗り現職に圧勝

 内田氏を推薦した自民、公明、立憲、国民民主の基礎票は約12万票。盤石の体制だったが、10万票VS7万票と3万票の大差をつけられて敗れてしまった。中根氏は「80億円の施設建設よりコロナ対策」と訴え「5万円の給付金」を公約に掲げていた。一体、何が起きたのか。

 衆院議員を4期務めた中根氏は岡崎市を含む愛知12区が選挙区だったが、2014年の衆院選の時、野党の選挙協力を進めるために、当時、維新の党だった重徳和彦氏に選挙区を譲り、比例に回っている(当選)。しかし、前回17年の衆院選は、中根氏は希望の党の比例単独で落選。無所属で戦った重徳氏は選挙区で当選し、現在、立憲に入っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る