澤章
著者のコラム一覧
澤章東京都環境公社前理事長

1958年、長崎生まれ。一橋大学経済学部卒、1986年、東京都庁入都。総務局人事部人事課長、知事本局計画調整部長、中央卸売市場次長、選挙管理委員会事務局長などを歴任。(公)東京都環境公社前理事長。3月に『築地と豊洲「市場移転問題」という名のブラックボックスを開封する』(都政新報社)を上梓。11月1日からYouTubチャンネル"都庁OB澤章"を始める。

<7>小池氏が生みの親・都民ファは次期都議選で全滅か

公開日: 更新日:

「やってます感」の演出に余念のない小池知事をしっかり支えているのが、都議会与党である。

 3年前の都議選で圧勝した「都民ファーストの会」(都F)を軸に、ちゃっかり公明党が相乗り。小池都政の基盤は磐石のように見える。加えて、今年7月の都知事選では都議会自民党が実質的に小池支持に回った。小池知事が自民党にすり寄ったのだが、市場移転問題で舌鋒鋭く小池知事を攻め立てていた山﨑一輝都議は幹事長に就任した途端、手のひらを返すように小池知事との協調路線を公言した。

 もはや小池都政2期目に死角なし――と思ったら大きな間違いである。知事自身が立ち上げた都Fがダッチロール状態に突入しているからだ。

 もともと、都Fは急ごしらえの寄せ集め軍団だ。小池知事の人気に便乗して都議の地位をゲットした素人集団と、都議選で生き残るために恥も外聞もなく鞍替えを図った旧民主党系などの職業政治家たち。問題なのは主に前者の方々である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る